2009年11月28日

抗がん剤の副作用の考え方

がんの治療の選択を今、自分に迫っているところだ。
2009.9末にすい臓がんのステージ4bと診断され、抗がん剤ジェムザール(すい臓がんはジェムザールが効果が高いそうで選択肢はこれのみ)
自宅通院で抗がん剤治療をする。
退院前の10.25に1coolの1回めをしました。まず、吐き止めの点滴を30分して、ジェムザールを30分点滴投与します。
ジェムザールには血管痛があるパンフにも書いてあるような簡単なことで、薄めて使うというのは新人でも知ってていいようなことなんだけど、この時助教授、Dr、研修医3人チームの研修医トー君はそのまま投与、終わったら水分を点滴で流し血管を洗うみたいな指示をナースに出してるの〜(泣)結局痛くてできずすったもんだして、血管も腫れ今もその血管のところがコリコリしてるの。その後通院での点滴では薄めるのは当たり前の笑顔の化学療法センタースタッフ。

1Cool---10/25 11/9 11/26 (12/31回休み分)
3週めから4週めに血液成分の減少により抗がん剤の副作用が現れることがあります。と説明を受けました。


退院後もすごく体調がよくて体重減以外は健康に見えるくらい(笑)
2009.11.18に37.3度の発熱と、全身が過敏になった感覚で音が響く、毛穴からペパーミントがしみ込んでいく感じ(ビワの葉の温熱治療はできませんでした)なんとなく気持ち悪い、これが吐き気と説明されている症状かな〜
今までは病気なのに、痛みをまやくで感じなくしてしまうと元気な自分と勘違いしてしまいそうだった。

そこでみなさんも考えるのが抗がん剤のあり方・・・向き合い方・・・


↓ 11.28に感じたことを書いています ↓


まず簡単に説明すると、私の病状は末期のすい臓がん(ステージ4b)余命は治療を何もしなければ、半年で抗がん剤治療をすれば余命は半年から1年と大学病院で言われてる。がんが大きくなっているので手術はできず、抗がん剤とよくセットで耳にする放射線治療も治る見込みが見込めないのでしない。

抗がん剤治療はがんを成長させないためであって、がんを直す治療目的ではない。

ジェムズアールという抗がん剤治療をすると、はじめて3週間後から副作用がやってくる。(発熱、吐き気、食欲不振とか。まあ気分がすごく悪かったり、少し悪かったりいろいろだ)
で、この抗がん剤治療は病気を治す目的ではなく、がんの進行を遅らせるもの。一番のネックはがん細胞を攻撃するけど、他の健康な細胞まで死滅させてしまう。これが抗がん剤の副作用だ。

がん治療をはじめてみて気付く(みんなそうだろう)。
今、副作用に悩まされ、根本的に自分の考え方。どう生きていたいのか・・治療法の選択を自分と家族に迫っている私。

選択肢は大まかに3つ

【ありのまま】抗がん剤治療を拒否し、モルヒネみたいな痛み止めを使用して寿命まで過ごす。これは想像以上にQOL..生活の質..があると思う。(副作用が現れる前までかなり元気に過ごせてた自分がいる)

【進歩的】上記パターンのような抗がん剤治療(西洋医学的考え方の治療法)を拒否し、モルヒネみたいな痛み止めを使用して痛みに配慮し+民間療法を積極的に投入して、前向きにがんと共生しながら最終的にがんが体内から消えてしまう方法。と言うか、考え方と言った方が近いかもしれない。(問題は余命というタイムリミットに間に合うかどうかだろう)

【現代風。並み】モルヒネみたいな痛み止めを使用してがんの痛みには配慮して、抗がん剤を使いがん細胞の成長を少しでも遅らせる、末期がんの者にとっては延命であろう。抗がん剤の副作用との戦いだと思った。私の場合痛み止めでコントロールしていれば、本当に元気な生活がここ1ヶ月は過ごせていたので、抗がん剤=体調を悪くする薬の害という印象が強い。


抗がん剤治療をはじめて、2か月後にCTと腫瘍マーカーでがんの経過をみる。
今の私たちの考えは【進歩的】+【現代風。並み】のMIXを選択しているので、抗がん剤使用の問題は先送りの状態。


今抗がん剤の副作用でかなり元気がありません。


その後読んだ本と、エピソードによって迷うことがなくなりました。
こちらに ↓


posted by mama at 00:00| Comment(0) | 抗がん剤を・・考える・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近のコメント
すい臓がんの体重の変化 by 光速掲示板 (03/06)
すい臓がんの体重の変化 by 逆 ナ ン (02/12)
すい臓がんの体重の変化 by モバゲー (12/30)
すい臓がんの体重の変化 by 中山大障害 2011 (12/16)
すい臓がんの体重の変化 by 朝日杯フューチュリティステークス 2011 (12/10)
カテゴリ
BlogのStoryと私の診断内容(2)
すい臓がんとは(1)
入退院と外来記録(9)
白血球と腫瘍マーカーの数値・体重(3)
今月の体調(0)
抗がん剤を・・考える・・(3)
こころの診療科(0)
民間療法 BEST-INDEX(0)
フコイダン(5)
ゼオライト NCD(2)
ビワの葉 温熱療法(2)
マクロビオティック(2)
波動水ー情報水(1)
ビタミン・果物大量摂取とジュース(0)
がんの人のお話(1)
akikoへ---mental(0)
akikoへ---health(0)
akikoへ---cook(2)
akikoへ---今言っておきたいこと(3)
過去ログ
2010年02月(3)
2010年01月(5)
2009年12月(14)
2009年11月(14)
RDF Site Summary
RSS 2.0
最近の記事
(02/14)すい臓がんの体重の変化
(02/13)2010.2.10 外来記録
(02/04)2010.2.4 外来記録
(01/29)やっと退院です。。
(01/16)十二指腸と小腸のバイパス術


一つ趣向をこらそうと・・

このブログの登場人物をサザエさん的に演出してます。mamaの主人は男3人兄弟。そのH.Nを、

主人---メガネ 嫁---mama 娘---akiko

主人の方の二男---チョンガー(独身だから)

主人の方の三男---ヴォイス(カラオケで声がでかいから) 嫁---ミンミン  長男---ちゅん丸

チョンガーの大学時代からの親友---埼玉の大魔神

サザエと言いながら太陽にほえろが混ざったネーミングなってたりします(笑)akiko家に笑いが絶えないよう是非お客様としてコメント残していって下さいね〜♪





今高校3年生の長女と主人、3人暮らしです。

09.9月末にすい臓がんのステージ3〜4の間ですって宣告されました
(ガーン!こんな音は確かに頭の中で鳴りましたよ)

結果ステージ4bで何もしなければ余命6か月。治療をしても6か月〜1年と言われております。

私は諦めずに
食事療法・・・玄米食やマクロビオティック全般


びわの葉温圧法・・・親戚にがんから生還した叔父がいる


フコイダン・・・ミンミンのすすめもありTRYしてみてます


ゼオライト--NSD USAのもの09.12.3から飲用


メンタルな部分・・・前向きに笑いながら毎日を生きる


全てを力一杯試してみて、何も言わずにこの状態に耐えてくれているakikoと今までとは明らかに変わってくれ何でもサポートしてくれてる夫に-----応えたいと思う


我が最愛の娘akikoに何か残してあげたくて、がんリポートと共に”あなたが母になった時”に迷わないように教えてあげようと思っていたことを書きためていきます。
a gun(只今作成中)こちらに気持などを少し書き記してあります。


13.NOV 2009

--mama--





すい臓がんとは..

ステージ4bと診断されるまでの経過を 分かり易くまとめてみたいと思います。 私が心配だったように、すい臓がんの諸症状をしっかり見極めて自分で適切な検査を受けることが一番ではないでしょうか。
このINDEXがこちらにいらした方の少しでも為になればと願っております。


■ INDEX
↑こちらからどうぞ↑
(只今 作成中)




akiko..

女性の体は?マークだらけ
ホルモンバランスのこと
結婚のこと
仕事を持ち子育てをすること
おいしいお料理のこと
洋服のこと(元バイヤーだからね)

体のことについてしっかりと知識をもっていれば慌てないし、事前に防ぐこともできるから、雑誌の情報に踊らされず正しい方向を見て進んで行くこうね

■ akiko INDEX
↑こちらからどうぞ↑
(只今 作成中)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。